脱毛するときのメカニズムってどうなっているの?

毛というのはしつこいものです。剃ったり抜いたりしても、またすぐに生えてくるものです。そのためにムダ毛の処理をしたとしても、また数日すれば同じように処理をしなければならなくなるというようなことで非常に面倒なものです。

 

では、どうしてこのように毛が生えてくるのかというとそれはやはり毛根のせいなのです。毛根が毛をはやすための命令を出しているために、毛を抜いたりしてもまた新しく生えてくることになってしまうのです。

 

ですから、きちんとした脱毛をしたいというのならば、こうした毛根をどうにかしなければならないというのが、脱毛のメカニズムなのです。
脱毛サロンなどでは、そうした脱毛のために光脱毛などを使うのが一般的となっています。これは光やレーザーを毛根へ射出するというものです。

 

このような光では、毛根を死滅させることができるようになるのです。こうして毛根の能力を消すことによって新しい毛を生えてこなくするというメカニズムです。

 

毛根によっては、強いものもありますので、出力を強くして毛根を死滅させるというようなこともあります。おおむねこのようなメカニズムによって脱毛をしているわけで、これは家庭ではなかなかできないものですね。